島商株式会社

島商株式会社

江戸時代から続く日本橋の油問屋、屋号を復刻
コーポレートブランドシンボルのデザイン開発、基本アイテムデザイン

油を中心とした商品の卸売業を営む島商株式会社。
享保年間(1716〜35)に創業し、日本橋小網町の歴史と共に歩みつづけている老舗油問屋である。現在はイタリアよりオリーブオイルを輸入、国内の高級食材を取り扱うほか、プライベート商品の開発も行なっている。
安永年間(1772〜80)より屋号を「山十 嶋屋新助」とし、当初は番傘、提灯、蝋燭などの日用雑貨を扱っており、当時使用されていた屋号「山十」は、主要商品の番傘を表していた。
島田考克会長より「コーポレートブランドシンボル」をつくりたいとご依頼を受けた。歴史ある島商株式会社の伝統をしっかりとカタチに残し、次世代に渡って使用できるようなデザインを期待したいとの熱い想いを語られ、シンボルデザインの開発を行なった。

コーポレートブランドシンボルのデザイン開発
基本デザイン要素の開発(ブランドカラー)
名刺デザイン、名刺印刷規定等
年賀状デザイン
コーディネイト/荻原 実紀
シンボルデザイン・デザイン制作/リチャーズ 智恵子
島商株式会社コーポレートブランドシンボル

島商株式会社コーポレートブランドシンボル

デザイン制作前に、当時の屋号「山十」が刻まれている木製の古い看板を拝見しました。また、手描きによる山十のちょうちんの絵も社史に残っていました。

山十のカタチと「嶋新」という文字には堂々としたまさに江戸の粋があり、そして島田会長が幼い頃にご覧になったであろう風景と思い出が刻まれていると感じました。

山十のカタチを活かしてデザインをすることが、島商株式会社の長い歴史と伝統を次世代に伝えるためにも、最良であると思いました。また江戸らしさを感じさせる「粋」を意識したデザインを目指しました。

また、四角形の組合せは「のれん」のような印象をもたらし、タテ型やヨコ型のシステム展開もできるよう意識しました。

コーポレートブランドロゴカラー

島商株式会社コーポレートブランドシンボル

▲Topへ戻る