がんメディカルクリニックCARNAMED

がんメディカルクリニックCARNAMED

がんの本質と真に向き合い、希望に満ちた輝かしい人生を目指す
開業に伴うブランド・アイデンティティ戦略開発、総合アートディレクション、情報発信への助言

2012年10月に札幌で開業した、CARNAMED(カルナメド)。眼科医でもある高柳芳記総院長は、実父をがんで亡くしたことを機に、医師として体に負担の少ない最適ながん治療を意識した、がん補完医療の研究・普及に取り組む。「免疫治療」を柱に「温熱治療」や「酸化治療」を複合的に組み合わせる進化した治療により「がん治療の新時代をつくること」を使命と自覚し、「免疫細胞療法」を中心としたがん統合医療外来を開業。
新クリニックの、基本コンセプトの構築・ネーミング開発・シンボルデザイン開発等のブランド開発から、アイテムデザイン開発、オリジナルグッズ開発等まで多岐にわたり、コンサルティングおよびデザインディレクション・制作を行なう。

クリニックブランド開発
(基本コンセプト構築・ネーミング・シンボルデザイン etc)
基本デザイン要素の開発
(院名ロゴ・カラー・コンセプトイメージグラフィック etc)
各種アイテムデザイン開発(名刺・封筒・レターヘッド・名札・
診察カード・リーフレット類雛形・ 広告・サイン類 etc)
Webサイト制作のアートディレクションおよび情報発信助言
メディア対応・広告関連のアートディレクションおよび情報発信助言
オリジナルアロマ開発
(院内用アロマ開発・販売用アロマミストのパッケージデザイン)
CARNAMED BIO デザイン開発
(シンボル・カラー・主要アイテムデザインetc)
クリニック内装・環境への助言
その他、ブランド戦略、イメージマーケティング戦略、
コミュニケーション戦略視点からの全体アドバイス、アイデア提案
コンサルティング・基本コンセプト・ネーミング/荻原 実紀
シンボルデザイン・デザイン制作・総合アートディレクション/田中 裕子
コンセプトメイキング・プランニング補佐/リチャーズ 智恵子
ビジネスアドバイザー/中川 浩氏(一般社団法人医業経営研究会 理事)
CARNAMEDシンボル

CARNAMEDシンボル

CARNA(カルナ)とはローマ神話で「人間の健康を守る神」で、サンスクリット語(梵語)で「慈悲・慈愛・無限の癒しのエネルギー」を意味します。

CARNAのように病める人々から頼りにされる存在・医業を志し、真にがんの本質と向き合い「がんを予防する・なくす・和らげる」ことを目指し、豊かな人生へと導くことを目標としました。

CARNAMEDシンボルは、がん患者だけでなく海外や地域の方をはじめ、全ての人々にとって、前向きに生きる希望となること、心の拠り所となることを目標とするデザインコンセプトを基にデザインしました。

CARNAMEDコンセプト

開業時に配布したCARNAMEDコンセプトブックの制作を行ないました。 高柳総院長とCARNAMED開業にあたり、どのような医業を目指し、がん患者と共にがんに向き合うのか、何度も深く想いをお伺いしながら、 “「生きる」意味を大切にする「人啓医療」”についてクリニックのコンセプトをまとめ上げていきました。そして、理念や想い、クリニックの医療特徴・長所など言葉の使い方や見せ方を、がん患者の気持ちに充分に配慮した上で、細かく整えていきました。

CARNAMEDコンセプト

ステーショナリー/ビジネスフォーム

CARNAMEDのブランドイメージが一貫して保たれるよう、アイテム展開を行ないました。
名刺や封筒等のステーショナリーから、クリニック案内リーフレット、ポリ袋、内用薬袋等まで、基本アイテムを作成しました。

ステーショナリー/ビジネスフォーム

サインデザイン

インテリアデザインを担当した札幌のインテリアデザイナー長谷川演氏とともに、CARNAMEDの目指す空間や環境のコンセプトを話し合いながら、クリニックの内装・環境づくりを進めました。そして、CARNAMEDのシンボルが品良く表現されるようお力添え頂きました。

サインデザイン
アロマオイル開発

アロマオイル開発

患者の不安や不眠を少しでも緩和したいという想いから、癒しやリラックス効果のあるオリジナルブレンドによるアロマオイルを開発しました。クリニック内で使用し香らせています。

オリジナルグッズ

アロマミスト:自宅やオフィスでも手軽に利用できるよう、オリジナルオイルをミストに展開し商品化しました。
その他に、CARNAMEDオリジナル酵素水や高濃度ビタミンC点滴療法チケット、DVDパッケージ等のデザインディレクションや制作を行ないました。

アロマオイル開発 オリジナルグッズ
広告

広告

婦人雑誌や情報誌、駅構内の広告。
CARNAMAED BlueをメインカラーとしたデザインにすることでCARNAMEDブランドの認知と、心地よく快適に目立つよう図りました。

CARNAMED BIO(カルナメドバイオ)

CARNAMED BIO(カルナメドバイオ)

CARNAMED併設の「見える細胞培養クリーンルーム」。
シンボルはそのまま使用し、「生まれる」「自然」「芽」をキーワードにカラーを決定しました。
今後、CARNAMEDの培養研究関連のアイテムに展開予定です。

デザインガイドライン

CARNAMED独自のブランドイメージの浸透を図るため、一定のデザイン水準を保てるよう管理・運用するマニュアルです。CARNAMEDシンボルやカラーシステム・推薦書体・使用禁止例等のベーシックシステム、名刺等のアプリケーションシステムの使用規定が用意されています。

デザインガイドライン
▲Topへ戻る