日和電気株式会社 AIR DESIGNER

AIR DESIGNER(日和電気株式会社)

空調換気システム「AIR DESIGNER」のブランド認知向上と空気の心地よさのイメージ創出
ビジュアル・アイデンティティ開発、ビジュアル・コミュニケーション

日和電気株式会社は、宮城県仙台市に在り、メイン事業のエアデザイナーを中心とした電気・空調・換気設備のトータルエンジニアリングを行なっている。
これまで使用してきた「Air designer」ブランドシンボルをリニューアル、女性や若い世代の一般消費者に自然に受け入れられ、また空気の清浄な心地よさを直感的に感じさせるイメージ創出を目指した。海外市場への参入も視野に入れ、ニュートラルで繊細なシンボルイメージを意識したブランド・デザイン開発を行なった。
直感的なブランドイメージ認知浸透と商品採用企業の環境対応イメージ向上につながる相乗効果をねらい、新ブランドシンボル導入と同時に、積極的なブランドイメージポスター展開により、印象に残るデザインのパターン認識効果を図った。

ブランドコンセプト
シンボルデザイン
ブランドイメージポスター/コピーライティング
各種アイテムデザイン
コンセプトワーク・プランニング/荻原 実紀
シンボルデザイン・デザイン制作・コピーライティング/リチャーズ 智恵子
ビジネスアドバイザー/森 宏氏(有限会社フレイム 取締役)

デザインコンセプト

新デザインコンセプトは、3つの軸にてご提案しました。
①「イメージ軸」
・爽快、軽やか、心地よい・清浄
・空気の流れ・循環
・洗練され、且つ親近感がある
・心と身体に優しい、環境に優しい
② 「機能軸」
・心地よく、快適に目立つ
・個性(オリジナリティ)がある
・既存市場だけでなく、潜在市場に展開できる
・信頼できる企業イメージを醸成
③ 「システム軸」
・繊細なイメージの継承
・アイテム類への展開対応力、シナジー効果
・デザインのシステム性、管理効率

デザインプレゼンテーション

日和電気本社(仙台市)にてデザインプレゼンテーションを行ないました。当日は櫻井会長、櫻井社長ならびに幹部の方々にお集りいただき、デザインコンセプトを元に開発した計5案のデザインをご提案しました。

その結果、満場一致にて採用案の決定がなされました。
櫻井会長が「人々の健康のために、AIR DESIGNERブランドを内外問わず拡めたい」と、その熱い想いを語られていた事が印象的です。

AIR DESIGNERは、自然の空気の流れを再現し、室内でも長時間、安心して快適に過ごせるように研究・開発されました。空気の流れとその自然な循環をドットを用いて表現しています。AIR DESIGNER本来の役割と独自の技術を感覚的に感じていただけるデザインを目指しました。

デザイン・カラー展開

アイテム展開

ブランドイメージポスター

心地よい空気と健やかな毎日。清々しい空気は心身ともに身体の調子を整えてくれます。自然と共にある人の生活。エアデザイナーが果たす「目に見えない役割」を直感的に伝えるためのポスターです。櫻井会長の想いを大切にし、わかりやすくやさしいコピーを目指しました。

また、櫻井会長、櫻井社長ほか幹部の方、ビジネスアドバイザーの森宏氏ともに、エアデザイナーの技術品質や効果について話し合いました。 そして営業的視点から、3つのポイントにまとめ、簡潔にわかりやすく伝える工夫をしました。

紙袋

▲Topへ戻る