代表挨拶

“大きな翼を羽ばたかせ、心に太陽を、くちびるに歌を”感性の時代―人々は幸せや喜び、共感といった精神的な充足を追求する消費行動へと進化しています。個々人の生き方や価値観が多様化し、少子高齢社会や高度情報通信社会など、時代の価値観は大きく転換する最中にあります。
	一方、日本には独自のすばらしい文化と優れた技術力・美意識があり、多くの可能性を秘めながらも、良い商品・意義ある活動がうまく伝わっていない実態や、世代交代により価値認識の転換、次代へ残すべき大切な思想・文化の伝承などが求められている分野は非常に多いです。デザインは「人々を幸せにする」「人々に喜びを運ぶ」、大きな力を持っていると確信しています。そして、デザインはビジネス発展のエネルギー源やイメージの競争力にもなりうる力をも秘めています。
	これから求められる社会や時代を見据えて、人々の心に響くデザイン思想とデザインの持つ力により、企業や人々の「新生」「再生」「上昇」を目指し、私どもの経験や専門性、創造的な感性・発想、さらには人的ネットワークを活かしながら、誠心誠意お役に立ちたいと願っております。